10年で資産1億円を達成し、経済的自由を獲得するための日々

オギクボ経済部

資産公開

2019.3月末 我が家の総資産

投稿日:

月に一度の資産公開です^^

3月末の資産を早速披露します。(先月の記事はこちら

<金融資産の部>

お財布の中:35,000円 (-5,000円)

みずほ銀行:630,000円   (-86,000円)

住信SBIネット銀行:1,500,000円 (-300,000円)

SBI証券:25,412,000円  (-1,390,000円)

親族への貸付金残高:321,000円 (-5,000円)

副業法人の売掛金:1,296,000円(+1,296,000円)

 金融資産合計:29,194,000円 (-590,000円) ※昨年同月比 +5,312,000円

<現物資産の部>

不動産評価額:54,232,000円    (-8,000円)

(マネーフォワード HOMESプライスマップより引用)

住宅・結婚式ローン:57,977,000円 (-163,000円)

現物資産評価額 合計:-3,745,000円

総資産合計:25,449,000円  (-317,000円)  

◆雑感

先月に引き続き、アッパーマス層の達成はできず・・・。

大きな要因としては、春に立て続けにちょっと気分転換も兼ねたお高めの温泉旅行に何度か行ったのが響いています。

それから、副業法人の営業も兼ねた飲み会ですね。こちらも楽しく飲んでいるのでいいのですが、それなりに先行投資という形で出費がかさんでいます。

株式の方は主力のJIAの下げに伴い130万円近く下げております。また、ダイキン工業の利確でも少し持っていかれました。

そして、副業法人の方はようやく売上が立ちました。6ヶ月間のコンサルティング契約を交わしたので、その分を売掛金として金融資産に組み入れています。今後も、契約書という形で売上見込みが立ったものはそのように計上していきたいと思います。

が、1,000万円以上売上立つようになったら、資産公開していいものなのか判断が難しいので考えようと思います。(取らぬ狸の皮算用というやつですね・・・)

 ・株式はJIAの下落に伴い、130万円ほどのマイナス

 ・副業法人の売上が株式の下落分をカバー

 ・住宅・結婚ローンは順調に返済。前倒しは投資とのバランスを持って行う。

副業については、コンサルという形でほとんど経費が発生しない業態での売上がメインです。したがって、今後は

 ・光熱費、通信費の一部を会社経費として計上

 ・飲食・交通費(タクシーやスイカチャージ)は全額費用計上

 ・もう少し安定的かつ、月の売上が立つ目処が立てば社用車購入

月平均、現在10万円ちょいの副収入なので上記で十分まかなえる範囲と思っています。現在のコンサル契約の延長や新規案件も幾つかまとまったら月4、50万円規模になるためその場合は、逆に経費をいかにして増やすかに頭を悩ませることになります。

副業の範囲をでないため、オフィス賃貸契約も考えておらずその場合は社用車という形での損金計上、あるいは両親や妻を従業員契約して、そちらに給与支払いという形で税金対策をしていこうと考えています。

株式については、夢がありますがここ1ヶ月で感じたのは仕事のようにストック収入があるとだいぶ心にゆとりが出ます。自分の場合は副収入で月50万円も入れば、かなりお腹いっぱい、上出来と見ています。

もちろん、株も好きなので続けていきますがあくまで人生を豊かにするための手段の一つとして俯瞰して捉えることも重要ですね。

4月前半は株もだいぶ巻き返しにかかってきているのでこちらのアクセルも加速すると二重の喜びです。このまま堅調に進むことを期待します。

今日はこの辺で^^

-資産公開
-,

Copyright© オギクボ経済部 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.