10年で資産1億円を達成し、経済的自由を獲得するための日々

オギクボ経済部

資産公開

2020.6月末 我が家の総資産

投稿日:

月に一度の資産公開です^^

月末の資産を早速披露します。(先月の記事はこちら 昨年の記事はこちら

<金融資産の部>

お財布の中:30,000円 (-5,000円)

みずほ銀行:803,000円   (+47,000円)

住信SBIネット銀行:2,421,000円 (+11,000円)

SBI証券:34,001,000円  (+1,779,000円)

 ※上記から法人口座に今月50万、計600万円出金済み

親族への貸付金残高:243,000円 (-6,000円)

 金融資産合計:37,528,000円 (+1,856,000円) ※昨年同月比 +10,619,000円

<現物資産の部>

不動産評価額:52,134,000円    (-267,000円)

(マネーフォワード HOMESプライスマップより引用)

住宅・結婚式ローン:54,660,000円 (-192,000円)

現物資産評価額 合計:-2,526,000円

総資産合計:35,002,000円  (+1,781,000円)  

◆雑感

さて、今月は6月のSQ前後で主力株についてはほとんど手放しました。理由としては、6月までの相場がショートカバーによる上げであることと、実体経済との乖離が大きいことが要因です。

したがって、6月のSQ以降は潮目が変わると見たため一旦主力株の利確に注力しました。結果、それから少し上がったので取り残されたかな・・・と思いましたが現状は業績見極めと海外勢の買いも鈍ってきており、想定していたシナリオに収まってくれてよかったです。

今後についても、いったんはリバウンド相場はお仕舞いでしょう。マイナスのものがゼロになったところを取りに行っていた相場だったので、誰でもイージーに儲けられました。

ただ、今後は4-6の業績が重要になってくるはずなので、いい銘柄と悪い銘柄の見極めが重要になってくると思います。そして、今までのイケイケドンドンの相場ではなくなってくるので決算プレーの期待値はおそらく低いと見ています。

不要な決算プレーに出るよりも、シンプルにトレンドに乗っていてシクリカルなものを動意付いた時に買う。それで行こうと思います。なければ無理しない。

また、儲けた場合はこまめに利確をして、まだ高利回りで残されているREITやインフラファンド中心に買い換えてインカムゲインの増強に当てていこうと思います。

エムスリー 、弁護士などの今までの主力についても高値圏から調整が入ったタイミングでもちろん買いたいと思っていますが、儲けられれば何でも一緒とも考えるようになってきたので銘柄に拘らず、イージーに儲けられる銘柄で儲けるを意識していきます。

個人的には今買われているものがさらに買われる展開だと思うので下げて競争力をなくした可能性のあるグロース株を買うのではなく、高値更新し続けているものをテクニカルで買い場を見極めて買いたいと思っています。

テクニカルについては、移動平均線と売買高、RSIとMACDとシンプルに使い倒して、サインが出るまでは買わずにいます。

動いた時に買うことができれば御の字です。もちろん最初の上昇に乗り遅れますが、一度同意づいたら当分はそのトレンドが続く可能性があるのでむしろその後に入っても全然間に合うし、勝率の高いトレードになる。

この辺り意識するようになってからだいぶ効率の良いトレードができるようになりました。

今回、利確に伴って500万近く税金を持って行かれましたがそれでも前月の数字を超えられたのは、このトレードスタイルが板についてきたからというのもあります。

一つ一つ相場で学んだことを活かしながら、驕らずに毎月一円でも増やしていければと思っています。

それでは今日はこの辺で。

-資産公開
-

Copyright© オギクボ経済部 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.